attole attole 筑波研究学園都市科学Attoleトップへ
筑波研究学園都市科学Attole 研究所一覧
農林水産省関係機関 内検索 / 独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構食品総合研究所
戻る[1-16件/16件中]
  • 独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構食品総合研究所
    食と健康の科学的解析、食料の安全性確保と革新的な流通・加工技術の開発などの基礎的・基盤的研究。
  • 応用微生物部(4)
    麹菌を中心とした発酵微生物の生理機能や遺伝子などに関する基礎的な研究
  • 食品バイオテクノロジー研究領域
    遺伝子工学・バイオテクノロジーを駆使して、食にかかわる種々の生物機能を解明するとともに、生物資源や食糧資源をより有効に活用するための基礎研究を行う。
  • 食品安全研究領域
    食品を汚染する可能性がある有害な化学物質・微生物や害虫が「どのようにして健康危害や品質劣化を引き起こすのか」などの点を中心に研究や技術開発を行う。
  • 食品機能研究領域
    アレルギーや肥満・体脂肪さらには血糖等に影響を与える食品や食品成分に着目し、ニュートリゲノミクス研究など新しい機能性評価方法による信頼性の高い評価を行うとともに、ヒトによる機能性を実証する。
  • 食品機能性研究センター
    農研機構のバーチャル組織。北海道から沖縄に至る食品機能性研究の活性化とその実用化に向けた取り組みの紹介。
  • 食品機能部 (4)
    味覚を通した生体調節機構について研究
  • 食品工学研究領域
    一般消費者への正しい食品研究情報の発信技術の開発、発信システムの構築など。
  • 食品工学部(5)
    農産物・食品加工全般に関する工学的視点からの研究、食品産業の技術的ニーズに応えるための研究、環境保全型の技術開発
  • 食品素材科学研究領域
    糖質、タンパク質、脂質および米麦などの穀類を対象に、それらの特性解明および利用技術の開発に関する研究を行う。
  • 食品素材部(5)
    サイクロデキストランという、新しい環状オリゴ糖の合成酵素の改良や、その他の糖質関連酵素を利用した新たな食品素材の開発と、製造方法について研究
  • 食品分析研究領域
    食品分析法の開発、食品成分の構造・状態の解明、スペクトル解析による品質評価法の開発、近赤外法等による食品・生体計測技術の開発など。
  • 生物機能開発部(4)
    食品素材構成成分の分子情報の解明と新機能分子の創出に関する試験研究
  • 微生物利用研究領域
    バイオテクノロジーを利用した新食品素材の生産技術の開発及び生物機能の解明・利用。
  • 分析科学部(4)
    食生活の「カロリーから健康へ」といった変化や国際規模への統一による、掲載食品や成分、分析法の改正が予想される「日本食品標準成分表」の改訂作業に、さらに新JAS法に対応した表示の信頼性確保のために、食品成分の分析を通じて寄与
  • 流通安全部(5)
    人にとって有害な作用を持つ可能性のある物質に対して、その作用の解明、評価手法の開発、あるいはその汚染に関わる事柄についての研究
戻る[1-16件/16件中]

つくば市限定地域情報検索:地図検索:地域ポータルサイト「筑波研究学園都市科学Attole」 つくば市地図連動ロボットサーチエンジン「筑波研究学園都市科学G-attole」(電子国WebシステムActiveX版) つくば市地図連動ロボットサーチエンジン「筑波研究学園都市科学G-attole」(GoogleMapsAPI版) つくば市地図連動ロボットサーチエンジン「筑波研究学園都市科学G-attole」(Virtual Earth版) 「筑波研究学園都市科学Mapoint」(電子国WebシステムActiveX版) 「筑波研究学園都市科学Mapoint」(GoogleMapsAPI版) 「筑波研究学園都市科学Mapoint」(Virtual Earth版) 「筑波研究学園都市科学Mapoint」(Yohoo!版) つくば市限定生活ガイド検索システム「筑波研究学園都市科学L-Guide」